*クローバーと太陽*

アクセスカウンタ

zoom RSS 抜歯は計画的に

<<   作成日時 : 2007/11/26 21:40   >>

トラックバック 0 / コメント 2

土曜日の甲府戦での由紀彦さん。今録画を見ても、やっぱり泣けてしまうんだな…。「戦力外通告」「ゼロ円提示」まったくイヤな言葉ね。考えれば考えただけ切なくなっちゃうんで、今日はまた天然を発揮した院長のネタでも。

こないだ、診察の受付終了後に患者さんが来た。20代の男性で数年前からの常連さんでね。来るといつも院長と楽しそうに会話をし、自費を勧めれば二つ返事で快諾してくれる。だから院長のお気に入りなんだろうね。仕事が嫌いでいつも早く帰りたがる院長が「今から診察する」って言った(基本的に時間外はお断りだから、コレは珍しい事)。
だけどね…その症状が重すぎた、緊急過ぎた。下のおやしらずが痛くて痛くてしょうがない状態。私も何年か勤めているけど、こんなに痛い人を待合室で見たのは久々だった。で、即抜歯。
腫れて痛い状態で抜いたのだから、麻酔だってたいして効いてない。痛いままの患者さんの状態が少し安定するまで、ユニット(歯医者の診療イス)を倒して寝かせておく。本来ならこういう急性症状の時って、投薬して腫れや痛みが引いてから数日後に抜歯なんだけど、この日ばかりは患者さんの強い希望もあり、充分な説明を行った上で「今日抜いたら本当に痛いよ」という言葉すら快諾した患者さん…抜歯の痛みを充分過ぎる程に味わい、やっぱり後悔しただろうな。
心配になった院長は、その患者さんを「今日は家まで車で送るよ」と自分の車が停めてある駐車場へと一緒に連れて行った。あれ、車がナイ…。「あ。俺今日歩いて来たんだった。ゴメン、ひとりで帰って」。そのセリフに患者さんは笑った。痛みに苦しんでいた患者さんがこの日初めての笑顔を見せたと言う。そりゃ笑うわ、駐車場に行くまで自分が歩いて来た事を忘れてるなんて。車がナイなんて。しかも、結局ひとりで帰れ〜ってな捨てゼリフ聞かされるなんて。
翌日、消毒に訪れた患者さん。「昨日は帰りも散々でしたね」私がそう言うと「いや〜。院長先生らしいですよ」と。さすが、よ〜く分かってらっしゃる…。痛みに怒る事なく、ボケボケな院長にも怒る事なく、穏やかに受け止めてくれるこの大切な患者さんを、これからもゴヒイキにしなきゃですな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
前から思ってたんだけど…院長さん、そんな天然炸裂で治療は大丈夫??(笑)(^0^)/
えみ
2007/11/28 22:38
えみちんへ→えぇ。そりゃもう周りからもよく聞かれます。
でも大丈夫!(と言うしかない)。

2007/11/28 22:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
抜歯は計画的に *クローバーと太陽*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる